2017年08月

    野良ハムスター ★ 2017/08/31(木) 09:06:29.53

    三重県内の山で遭難し、警察に救助されたという30代の女性ブロガーが、自分を救助した警官の対応を批判するブログ記事を投稿したことが、インターネット上で物議を醸している。

    ブログによれば、女性は一人で標高約1200メートルの山に登った。地図は持ち歩いていなかったほか、登山届も「下山のルートを決めていなかったので書きませんでした」としている。

    「批判されるのを覚悟で書こうかと思います」

    遭難の経緯と警官への不満をつづったブログは2017年8月28日に投稿された。記事での冒頭では、トラブルの詳細について「批判されるのを覚悟で書こうかと思います」と宣言している。

    女性が遭難したのは下山中のこと。初心者向けだというコースで下山していた際、誤ったルートを進んで道に迷ってしまったという。ブログでは「これはもうだめだな、これ以上進んだら死ぬ」と当時の心境を振り返っている。

    その後、女性は携帯電話で警察に救助を依頼。近くを通るロープウェイの職員の助けを受けて安全な場所に移動したうえで、救助のために駆け付けた警官と合流したという。

    ロープウェイ職員の対応については「なんて素晴らしい人なんでしょうか」「本当に、ありがとうございました」と感謝の言葉をブログに並べた女性。だが、警官の態度については、3000字以上の長文で不満を爆発させている。

    ブログによれば、女性は警官から「単独で登山するとこうゆうことになるんだ」(原文ママ)などと説教を受けた後、詳しい事情を聞くために近くの警察署に移動することを求められたという。

    こうした対応について、女性は「(警官が)なんだかすごく感じ悪かった」「何様なの?」との不満を漏らした上で、「登山で道に迷って遭難して救助を要請するなんて、本当に申し訳ないと思っているし、多大なご迷惑をおかけしたと思っているし、来ていただいて本当に感謝してます。でも、でも、それでもやっぱり物申したい気持ちになるような、酷い対応だった」と振り返っている。

    「悪気があって遭難したわけじゃない」

    さらにブログでは、予約していた旅館の夕食の都合などもあって、女性が取り調べを手短にしてほしいと依頼したところ、警官から「警察はサービス業じゃないんだ」などと反論されたと報告。この対応に怒りを覚えたという女性は、「さすがに腹が立って色々言い返しましたよ。私だって悪気があって遭難したわけじゃないし、気軽な気持ちで救助を要請したわけではないんです。軽く、喧嘩してしまいました」としている。

    また、警官の態度についても、「山で遭難した人に対する対応って、もっと優しくなりませんか?普通(略)あんな態度がとれるのって、人としておかしいと思うんです」と問題視していた。

    ブログの終わりでは、「救助に来てもらっといてこんなこと言うなんて、罰が当たると思うし、失礼にもほどがあるということは重々分かっています」などとした上で、「あー。ほんと、警察なんて大嫌い!!!」と改めて不満を爆発させていた。

    「二度と山に登ってはいけない」「警察官の対応も問題」

    このブログ記事はフェイスブックで2800件以上の「いいね」を集める(29日昼時点)など、ネット上で大きな注目を呼んでおり、その内容に賛否が広がっている。ツイッターやネット掲示板では、

    「お前が何様だよ。こんな事、なんで堂々と書けんだよ」
    「心の底から呆れた。警官が怒るのは当然。二度と山に登ってはいけない」
    「遭難がどれほど重大事で、ロープウェイ職員の方、警察官を危険にさらしたことの意味を理解していない」
    「警察の人達はまっとうな事を言ってると思います。説教をキツめに受けるのも当然です」
    とブログの内容に反発したり、女性を諭したりするような意見が相次いでいる。ただ一方で、

    「警察官の対応も事実なら相当問題ある」
    「山岳地域の管轄署って苦労も多いんでしょうけど、それにしても傷に塩を塗るような対応は何様だ」
    と女性に共感する意見も出ていた。

    そのほか、女性の「準備不足」を指摘する声も少なくなく、「地図、コンパス持たずにルートの確認をあらかじめせずに山を登るのは自殺行為です」「前もってしっかり準備をしなさい」との忠告を送るユーザーの姿も目立った。

    https://www.j-cast.com/2017/08/29307023.html



    【【唖然】山で遭難した女性が救助の警官にブチ切れ→批判するブログ記事を投稿した結果・・・】の続きを読む

    鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/ 2017/08/31(木) 06:53:22.31

     女優の真木よう子(34)がフジテレビの主演ドラマ「セシルのもくろみ」(木曜後10・00)の29日の撮影をキャンセルしていたことが30日、分かった。真木は資金募集サイトを利用して自身の写真集を制作し、コミックマーケット(同人誌即売会)に参加すると表明したところ、その手法にインターネット上で批判が殺到。謝罪コメントを出す事態に追い込まれ、主演ドラマも視聴率が低迷しているだけに、体調が心配されていた。

     真木は25日、東京・有明で12月29〜31日に開催予定のコミックマーケット93(冬コミ)で自身のフォトマガジンを頒布すると表明。しかし、参加者の抽選も終わっていない段階で、広く一般から資金を調達するクラウドファンディングの専用サイト「CAMPFIRE」を利用して、写真集制作には高額の800万円の支援を求めたため、自費出版が原則のコミケへの理解を含めて批判的なコメントが相次いだ。

     これを受け28日、自身のフェイスブックで参加撤回を発表。コミケへの理解が足らなかったことを謝罪した上で「すべては無知な私の責任」とした。

     しかし、翌29日に自身のツイッターのアカウント名が「????騙(だま)された????」になり、説明がないままアカウント自体を削除。真木の様子が心配されたが「実はその日のドラマの撮影を突然キャンセルしたため、制作担当者は相当困惑していた。30日は現れたのですが…」(番組関係者)という。

     真木を利用し、苦境に陥れた存在として浮上してきたのが、クラウドファンディングを募った専用サイトの運営者ら。IT関係者は「有名芸能人に近づいて商売する彼らのお膳立てに、真木さんが乗っかってしまった」と背景を説明。スポニチ本紙の取材に運営者の一人は「彼女への提案を僕からはしていない。1カ月以内に私から経緯を説明します」と話した。

     ▼コミックマーケット 通称「コミケ」。漫画愛好家によるサークルなどが自主制作の同人誌などを販売。直近では今月11〜13日に行われ延べ50万人を動員。タレントの叶姉妹の参加が話題を呼ぶ。

     【真木よう子“トラブル”の経過】

     ▼6月28日 ツイッター開設。100件以上コメントを返すマメさで話題に

     ▼7月11日 ベッドで土下座する写真をツイッターで公開し反響

     ▼同13日 第1話放送。初回平均視聴率は5・1%(関東地区、ビデオリサーチ調べ、以下同じ)

     ▼同27日 ツイッターに投稿された「胸が垂れた」との指摘に、「子供産んで授乳して34歳の本物のFカップは重力に逆らえず垂れるのが正常です。申し訳御座いませんです」と返答し話題に

     ▼8月17日 第6話が放送。平均視聴率が同ドラマ最低の3・7%に

     ▼同25日 クラウドファンディングや制作費を募り、今冬「コミックマーケット93」でフォトマガジンを発売する計画を発表。批判を浴びる

     ▼同28日 自身のフェイスブックで批判への謝罪文を掲載

     ▼同29日 ドラマ収録をキャンセル。ツイッターを削除

    [ 2017年8月31日 06:45 ]
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/08/31/kiji/20170831s00041000016000c.html



    【【悲報】真木よう子さん、ついにメンタル崩壊wwwwwwwwww】の続きを読む

    trick ★ 2017/08/30(水) 21:16:57.31

    YouTubeがロゴを変更。ダークテーマやスマホアプリの強化も - PC Watch
    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1078086.html
    劉 尭2017年8月30日 12:15
     動画共有サービス「YouTube」は29日、サイトやサービスのデザインを一新。これに合わせてYouTubeを象徴するロゴが変更となった。

     従来のロゴは、「Tube」の部分が赤の背景で白抜き文字だったが、新しいロゴはYouTubeの文字がすべて黒で表示され、YouTubeの象徴とも言える赤い再生のアイコンが左に付与された。

     サイトのデザインは直線を多く取り入れたマテリアルデザインとなったほか、映像により集中できるダークテーマを適用できるようになった。

     一方でスマートフォン向けのモバイルアプリも強化され、縦長に撮られたビデオの全画面表示、ダブルタップによる高速巻き戻し機能、スローモーション機能などが実装された。

     YouTubeはサービス開始より12年が経過した。当初の動画は320×240ドットでアスペクト比4:3に限定されていたが、いまやSD/HD/4Kといった高解像度に加え、360度動画や3D動画、ライブストリーミングといった機能が実装され、大きく進化を遂げている。

    YouTube: What will you watch next? - YouTube

    ▶︎Youtube ▶︎
    Official YouTube Blog: A new YouTube look that works for you
    https://youtube.googleblog.com/2017/08/a-new-youtube-look-that-works-for-you.html



    【YouTube、ロゴを変更する・・・見慣れないわwwwww(※画像あり)】の続きを読む

    このページのトップヘ